元Bakerがオススメしたい、お菓子や料理のレシピをカナダ・トロントから発信中!

野菜入れ放題!カリフラワーのスープパスタ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

イブちゃんには強いこだわりがあります。『ドライフルーツとナッツはサラダや料理に入るものではなく、ケーキなど甘いものに使われるべし』とか、『牛乳や生クリームは料理に使われるものではなく、ケーキなど甘い物に使われるべし』などです。このNGポイントが地味に料理の選択肢を狭めていくんですよねぇ。。。牛乳や生クリームが使えないと、ホワイトソースがNGになるのでグラタン系は作れないし、ホワイトシチューとか白っぽい色したスープ系はダメということになっちゃう。ちなみに、イブちゃんもグラタン好きなんです。でも、牛乳を使ってホワイトソースを作っているのを見たら、一気に拒否状態。あり得ないんだそうです。メンドクサイ男・・・。

最近、ベジタリアンになりたい宣言もされたのもあったので、今回は野菜盛り沢山のスープを作ってみました。ポイントは、味にコクを出すために、バレない程度に少なめ生クリームと気持ち多めのバター、そしてパルメザンチーズをたっぷり振りかけました。


手順はこんな感じです。

  1. 適当な大きさに切ったカリフラワーとジャガイモ、タマネギを軽く炒めた後、水を加えてしばらく茹でます。
  2. ハンドブレンダーでドロドロにします。
  3. アスパラ・パプリカ・マッシュルームなどを加えて、さらに煮ます。
  4. 塩・コショウして、生クリームとバターを加えて味を確認してから、パルメザンチーズを加えます。
  5. 別な鍋で茹でておいたパスタの上に、このスープをかけて一緒に食べます。

こう書くと、簡単そうな感じしませんか? 🙂

スープパスタってもっと特別なイメージだったのですが、イブちゃんもお義父さんも、パンが無ければパスタで食べればいいじゃないって感じで、なんにでも合わせて食べちゃいます。ロールキャベツにパスタとか。多少汁っぽい感じなら、なんでもOKそうです。

パンはグルテン入っているし、お米にこのスープはちょっと合わない気がするので、このときはグルテンフリーパスタを茹でて、スープを乗せちゃいました。

グルテンフリーパスタって、まずいんじゃないかなって思っていましたが、意外に美味しいです。米粉とキヌア粉で作ったのとか、モチモチしてます。難点は・・・安くないから、そんなに頻繁に使いたくないって感じかな。(普通のパスタが安売りしてると$1弱で買えるのが、グルテンフリーパスタだと安売りしていて$2.88なんです。下手すると$2の差・・・。)でもイブちゃんは、グルテンフリー+ベジタリアンなメニューに大変幸せそうでした(笑)

 


野菜入れ放題!カリフラワーのスープパスタ

材料:

カリフラワー 丸1個
じゃがいも 3個
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
適当 野菜がヒタヒタに隠れるまで
パプリカ 1個
アスパラガス 6本
マッシュルーム 4個
生クリーム  50cc  牛乳でもOK
 バター  40gくらい
パルメザンチーズ  適当
塩・コショウ  適当

分量と材料のこと:カリフラワーが中途半端に残っても困るので、私はどんどん使いきっていきます。野菜に関しては2つのタイプがありますね、ブレンダーで形が無いのと、食感を楽しむために残しておくのと。家にある物で、好きにアレンジしてOKだと思います。人参を入れませんでしたが、食感用に入れるのもいいかなと思います。

ちなみにジャガイモはドロっとした状態にするために使っているので、何個か入れておくことをお勧めします。あとの野菜は・・・色んな種類が入っていれば、一気に多くの栄養が摂れてラッキーて思いながら使いました。アスパラなど、無ければわざわざ買わなくても大丈夫です。

味付けのこと:前述した通り、パルメザンチーズなどの乳製品で味付けしていきます。生クリームは少量だから大丈夫だと思いますが、あまり煮込み過ぎると分離してしまうかもしれないので、煮込みが終了して、最後の味付けのと気に入れて一気に仕上げてください。チーズには塩分が多少あるので、まずはチーズを入れてコクを出し、物足りなければさらに塩を加えるといいと思います。逆にもしチーズを節約したかったら、先に塩コショウしてから、チーズの風味を軽くつけるのもアリです。

 

作り方

1. 適当な大きさに切ったカリフラワーとジャガイモ、タマネギ、ニンニクを軽く炒めた後、水を野菜がヒタヒタになるまで加えてしばらく茹でます。

2. ジャガイモが完全に柔らかく崩れるようになったら、火を止めて、鍋の中でハンドブレンダーを使用してドロドロにします。(ミキサーがある方は一度ミキサーに移してドロドロにしてから鍋に戻すこともできます)

3. ジャガイモなどが柔らかくなるのを待っている間に、他の野菜(アスパラ・パプリカ・マッシュルームなど)をひと口大の大きさに切っておきます。ドロドロになったスープにこれらを加えて、さらに煮ます。この野菜の中ではアスパラに火が通るのに時間がかかりそうなので、アスパラが柔らかくなるまで火を通します。

*アスパラ達が柔らかくなるのを待っている間にパスタを茹で始めます。

4. 塩・コショウをして、生クリームとバターを加えて味を確認してから、パルメザンチーズを加えます。チーズはコクと風味を出すためなので、好みの味になるまでどうぞ。

5. 別な鍋で茹でておいたパスタの上に、このスープをかけて一緒に食べます。

 

<Sponsored Link>



 

野菜入れ放題!冷蔵庫の掃除になります。

スープって、一度にたくさん作れるし、翌日もそれを食べたりすればちょっと家事も楽になるので、実は好きです。野菜も色んなものを入れて楽しめますしね。今回は旬の野菜であるアスパラを使いきりたかったのと、カリフラワーが冷蔵庫を占拠していたので、それらを選びました。だいたい玉ねぎとニンニクが入っちゃえば、他の野菜を組み合わせても美味しい味になると思います。トマトベースにするか、コンソメベースにするか、ミルクベースにするか。方向性を決めて、それに合いそうな野菜を切って一緒に茹でちゃえばたくさんの野菜が食べられます。うん、スープ(シチュー?)って便利でいいですよね♪

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 甘いものはそんなに。 , 2018 All Rights Reserved.