元Bakerがオススメしたい、お菓子や料理のレシピをカナダ・トロントから発信中!

卵白消費できるお助けレシピ、ラング・ド・シャ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

例えばカスタードクリームを作ると、たくさんの卵白が余ってしまいます。カレッジでは実習のときはいつも大量に作るので、余る卵白も半端なくて、捨てなきゃいけないときは本当に卵に申し訳ない気持ちでした。なので、家で作るときには、いかに捨てずに使いきるかが私の一番の考えるポイントです。(つまり、卵黄のみを使うものを作ったら、同日または翌日に卵白のみ使うものを作ります。大変です。結構、メンドクサイです。)

ラング・ド・シャはクッキーです。ウィキペディアによると

フランス語で「猫の舌」の意味で、猫の舌の形をしていることからそう呼ばれる。

室温で柔らかくして練ったバターと同量の砂糖を合わせ、それに小麦粉、卵白、バニラエッセンスを加えて生地を作り、薄く細長い棒状にオーブンで焼き上げる。軽く、口の中で溶けるような食感が特徴。

ウィキペディア:『ラング・ド・シャ』より抜粋

北海道の有名なお菓子『白い恋人』もラング・ド・シャにホワイトチョコレートを挟んだものだそうです。なんとなく出来上がりの味が想像できますか?


手順はこんな感じです。

  1. オーブンを予熱します。
  2. 材料を計量し、順番に混ぜていきます。
  3. 天板に均等に乗せて焼きます。
  4. 冷めたら完成です。

こう書くと、簡単そうな感じしませんか? 🙂

ちなみに写真はプレーンと抹茶味です。ナッツアレルギーの友人へプレゼントするのに作りました。パクパクパクっといけます。

 


卵白消費できるお助けレシピ、ラング・ド・シャ

材料:

バター 150g
卵白 150g
砂糖 150g
薄力粉 150g
バニラエッセンス 小1

分量のこと:お気づきですか?バニラエッセンス以外の分量は全て同じなんです。ということは、卵白が一つ余ったときでも、わざわざ150g用意しなくて大丈夫なんです。そのときある卵白に合わせて、他の材料も計ればいいんです。すごい画期的なレシピだと思いませんか?(笑)

味付けのこと:もし抹茶やココアの味をつけたいときは、混ぜ合わせたときに適当に好みの色になるまで加えていきます。イブちゃんが抹茶大好きで、なるべく濃いめに作るのですが、そのときはこのレシピの半分量にだいたい大さじ1入れたと思います。抹茶によって色の出具合が違うのもあるのでお好みで~と言いたくなっちゃうのですが、様子を見ながら、小さじ1ずつ入れていくと良いと思います。生地は練らないに越したことはありませんが、様子を見ながら加えていっても、サクサクに焼きあがりました。

 

作り方

1. オーブンを170℃に設定して余熱を入れます。バターを室温に戻しておきます。

2. 残りの材料も全て計量します。薄力粉は振るっておきます。

3. バターをクリーム状になるまで、ハンドミキサーで混ぜます。

4. 砂糖を加えて、さらに白っぽいクリーム状になるまでハンドミキサーで混ぜます。

5. 卵白を数回に分けて入れ、その都度ハンドミキサーで混ぜていきます。

 

6. バニラエッセンスを入れ、薄力粉も加えて、切るようにしてサックリとヘラを使って混ぜます。

7. パイピングバッグに入れて、均等の大きさに天板に乗せていきます。焼くと広がるので、生地と生地の間は離してください。また、パイピングバッグが無いときは、スプーンですくって落としていくのでも大丈夫です。上から軽く押して、平らにしておくといいと思います。

8. 170℃で15分焼いて、5分ほどそのままオーブンに放置します。

 

<Sponsored Link>



 

焼きあがった後もオーブンに放置することで、サクサクに!

スポンジケーキなどは型を通して焼き過ぎにならないように、すぐに型から取り出して、クーラーで冷ますことが多いですが、このクッキーに関しては15分経ったら、オーブンのスイッチを切り、そのまま放置してサクサクにします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 甘いものはそんなに。 , 2018 All Rights Reserved.