トロントの観光スポット -水族館-

この記事は約4分で読めます。

トロントにある唯一の水族館 Ripley’s Aquarium of Canadaは、大人から子どもまで楽しめる水族館です。

特別なイベントが無ければ10:00 – 20:00の間、現在は予約制で中を見ることができます。(コロナの前は予約無しで入れました。)

ちなみに特別なイベントとは、例えば新年を迎える大晦日の夜18時から2時まで、水族館がBarになってどこでもお酒が飲める(らしい)『大人だけが楽しめる水族館』というのが週末にあったりとか、コロナの前は何か理由をつけて特別な夜の時間を演出したりしていました。

お魚を眺めながらワインを飲むとか・・・ロマンチックで素敵!

いつか娘も、ボーイフレンドとデートでそういうのに行ったりするのかしら・・・♡

トロントの水族館『カナダ・リプレイ水族館』

このカナダ最大級の水族館には、16,000以上の生物が展示されているそうです。

品川水族館と池袋サンシャイン水族館にしか私は行ったことないから、かなり偏った印象だと思うけれど・・・なんだか、展示されている魚が違う気がします。
全く違うという訳ではないけれど、こう、水族館が注目している魚が日本のとは違う気がしました。

例えば、青いロブスターとか。

青いロブスター、たまにカナダの東の方にある、ノバスコシアで獲れると聞いたことがあります。

食べるには希少価値があり過ぎる青いロブスター・・・。でも、茹でたら赤くなるそうです。

2013年のオープン当時に見に行ったときはそこそこ大きかったロブスターですが、先日娘を連れて行ったときに確認したら、仲間が増えていて、そのうちの何匹かは「これを食べたら大味だろうなー」っていうくらい大きく肥えていてビックリ。

大きいロブスターのうちの一匹は、片方のハサミが取れていて、物陰に隠れてそのハサミを抱えて困っているようで、なんだか一緒に悲しくなりました。

この水槽の中で、何が起きたんでしょうね。。。

下剋上?

トロントの水族館の見どころ

入口すぐのところにある、大きな水槽の中の魚の群れ。

娘はたくさんの魚を眺められて、大興奮♪

しばらくここから離れることができませんでした。・・・まだ見始めたばかりなのに(^_^;)

私のお気に入りの魚たちを紹介します。

目が上についていて、水面をキョロキョロしてるのが、可愛い♪

ヒレに触ったら刺されるのかしら?なんて思わせるようなツンツン具合です。

これはタツノオトシゴの一種だそうです。こうやって写真で見ると、ただの白い海藻に見えますね。

水中トンネルを動く歩道に乗ってゆっくり移動するDangerous Lagoon(デンジャラス・ラグーン)では、サメや亀やたくさんの種類の魚を眺め、ゆったりした時間を楽しむことができました。

途中、小さめなサメが同じくらいの大きさの魚を丸ごと食べようとしてて、魚の下半身が口から見えてるのに目が離せなかったです。仲良く泳いでいるわけではなくて、この魚たちは餌?ってちょっと考えたりもしました。

また、こんな風にエイのお腹側を眺めたりするのも、水中トンネルならではですよね。
この水中トンネル、北米で一番長いのだそうです。

別の大きな水槽に娘は大興奮。

たしかにカラフルな魚がたくさん泳いでいて、娘のために来たつもりが、私自身とっても癒されました♡

Planet Jellies(プラネット・ジェリーズ)ではクラゲが何種類か展示されています。

どれも、幻想的な感じですっごくキレイ!

大きな水槽で、色んな色や形をしたクラゲがフワフワと泳いでいて見飽きないと思うのに、娘はここを完全にスルー・・・。夫のイブちゃんに娘のことを任せて、私は堪能させてもらいました♪

私の中で、水族館というと、ラッコやイルカ、ペンギンなどのショーがどこかで催されているイメージが強いのですが、ここトロントの水族館ではそういうのはありません。(あるのは魚に餌をあげるのを見せるくらい)

そこが、見終えた後、少し物足りなさを感じるポイントかなと思いました。

日本の、いろんな工夫をされている水族館を見慣れてる人たちにはたぶん物足りないと感じる気がするので、トロントへ観光に来て、わざわざここで時間を潰さなくてもいいかなと思いますが、真冬で歩き回るのに寒いときや、青いロブスターを見てみたい人には楽しい時間を過ごせると思います♪

興味のある方は水族館のサイトもどうぞ↓

Ripley’s Aquarium of Canada

住所:288 Bremner Boulevard Toronto, ON M5V 3L9, CANADA

現在は、チケットを前もって予約購入しないと入れません。
また、中に入ってしまうと、なんだかんだと密な状態になっているので、コロナではなくても、色々風邪が流行りそうな冬はちょっと避けておく方がいいのかもしれませんね。。。

※ここでは入場前に熱をチェックするようなことはありませんでした。

<Sponsored Link>

<Sponsored Link>

コメント

タイトルとURLをコピーしました