3/8は国際女性デーの日。

この記事は約4分で読めます。

気づけばもう3月。時間が経つのはあっという間ですね。

ご存じですか?
3月8日は『国際女性デー』(International Women’s Day)です。
日本でもカナダでも、あまり馴染みのない日ですが、ロシアでは5月の母の日に代わる、結構特別な日なのだそうです。

そして、2019年のこの日に娘が生まれ、私と夫のイブちゃんにとっては忘れちゃいけない特別な日となりました。

今回は、このあんまり馴染みのない日について、書いていきたいと思います。

娘の誕生日はちょっと特別な日

さて、娘は図らずして平成最後の年生まれの子になりました。誕生日は3/8。
この場合、日本で書類を書くときは令和1年となるのか、当時はまだ平成だったから、平成31年とかくのか・・・気になっています。

当時、高齢出産&妊娠糖尿病だった私は、予定日の3/15より早く、できれば38週中に産む予定でした。計画的な分娩となりそうだったので、予定よりも早く、3/3に生まれてきたらいいのになぁと思っていたのですが、そんな上手いことが行くわけもなく、娘のタイミング(子宮口の開き具合)と病院の都合(忙しくないとき)で7日に呼ばれ、3/8の明け方に生まれました。

私にとっては、特別なことは何もない日。
でも、夫のイブちゃんは「3/8かぁ・・・。これなら絶対忘れられないなぁ! 」と言ってたので、何があるのかな?と、ちょっと気になっていたんです。

ロシアでは特別な日の『国際女性デー』で何をするのか。

ズバリ!この日は男性が女性に花を贈る日。
思い返すと、たしかにイブちゃんは毎年花束をプレゼントしてくれていたんですよね。

私は毎回「なぜ、今日??・・・何かやましいことしたのかな??」と不思議に思っていたのですが、今回ウィキペディアで調べて納得しました!

1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした。これを受けドイツの社会主義者クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。

国際女性デーにちなむ最大の事件は、1917年にロシアで起こった二月革命であろう。国際女性デー(当時ロシアで使われていたユリウス暦では2月23日にあたる)に首都ペトログラードで行われた女性労働者を中心としたデモは、男性労働者、更には兵士を巻き込んだ大規模な蜂起となり、最終的には帝政を崩壊に追い込んだ。(中略)

ロシアでは、記念日に対する政治的な意味合いはほとんどなくなり、単に女性や女性の美を尊重する日になっている。

                 

ウィキペディア『国際女性デー』より一部抜粋

これを読んで、笑ってしまいました。

ロシアの女性は気が強い、男性はそんな女性たちを恐れている節がある印象を受けているので、なんていうか・・・「あぁ、このデモから『女性が本気になると怖い』というのが、彼らに印象付けられたのかな」と妙に納得しました。

ウィキペディアでは、「政治的な意味合いがほとんどなくなり、『単に』女性や女性の美を尊重する日」なんて書いてあるけれど、帝政を崩壊に追い込むほど徹底的にやっちゃう女性たちをなだめるために、毎年花をプレゼントして、彼女たちの怒りが爆発しないようにしているんじゃないのと思ったりして。

なんていうか・・・怒れる神様をなだめるために毎年お供えしている感じ?(笑)

ちなみにこのイベント、娘に対してもイブちゃんは花束を用意するつもりと言っていました。
母の日と違って、年齢や立場は関係なく、女性であれば誰もがお花を受け取るようです。

2歳になったばかりの娘が花束を受け取る・・・絶対喜ぶだろうなぁと、楽しみにしてます♪

国際女性デーの日に生まれた娘は、というと・・・

娘がお腹の中にいたとき、すでに結構やんちゃで、超音波の検査中、お腹に当ててる機械に向かってキックしてました。(心音をチェックしているところでキックしたので、ドッドッドッド・・・ゴツ!と音の違いでわかり、検査技師さんと私で大爆笑でした!)

その後、生後3-4週くらいからは、自分の意思をはっきり持っているように感じています。

彼女が泣いたときに「ご飯かな?」と思って横抱きにしても泣き止まず(しかもパイを口に含もうとするのも口を閉じて拒否)、肩のあたりまで持ち上げて縦抱っこにしてゲップを出そうとしても泣いて嫌がり、最終的には私の胸のあたりに丸まるように座った感じに抱っこしたところでピタッと泣き止んだりして。泣き方も、お腹空いてるとかの本気泣きではなく、このときはちょっと嘘泣きな感じなんです。うわーんと本気で泣くのではなく、ひーんと口に出して言ってみて、相手の様子を見てる感じ。うーん、上手く伝わるかしら?泣くことで自分の希望通りになるように、誘導していっているという感じなんです。

そんな様子を見ていて、思わず笑ってしまうとともに、「すごい・・・すでに、女の技を持ってる・・・」と驚く私でした。

うちの娘、気が強いというかなんていうか・・・末恐ろしいです(笑)

<Sponsored Link>

この記事は『黒猫vsロシア人夫-身内に敵あり-』(http://miuchinitekiari.com)で一度投稿した内容を、書き直したものです。
もともとレシピ以外の内容を『身内に敵あり』に書いていたのですが、
2つのブログを持ったらやることがなんだか更新が進まなくなり、一度はどちらも長くお休みな状態になってしまったので、2020年10月27日より、もっと読みやすいように書き直したうえで、『甘いものはそんなに。』へ統合を始めています。

黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり!-』は2021年12月半ばには終了します。(ドメインの契約の都合上、思いのほか時間に余裕ができました・笑)

<Sponsored Link>

コメント

タイトルとURLをコピーしました